So-net無料ブログ作成

シド・ミード

シド・ミードシド・ミード(Syd Mead 、本名:Sydney Jay Mead 、1933年7月18日 - )はアメリカの工業デザイナー。概要フォードでのカーデザインをスタートに、 数多くの企業のデザインコンサルタントを担当し1970年に「シド・ミード社」として独立。 その後、出版やプロモーションの機能として「オブラゴン社」を設立。初の画集『センチネル』1979年の雨の高速道路、"Express Highway"を見た映画監督のリドリー・スコットが、映画『ブレードランナー』の「ビジュアル・フューチャリスト」として起用したことで、一躍有名になる。(このときシド・ミードは映画スタッフ(メカデザイナー)としてでなく、あくまで「工業デザイナー」としての参加とし、その才能ゆえ、ユニオンの規定以上の守備範囲とその仕事量で他のプロダクション・デザイナーを圧倒。『ブレードランナー』公開以降、彼に影響を受けたSF作品は非常に多く、未来デザインで教祖的存在に。ハリウッド映画作品の中でも特にSFジャンルの「ハードウエア・デザイナー」として世界的な第一人者。映画芸術科学アカデミーやデザイナー組織などには属していないため、参加する映画ごとにその肩書きは「ビジュアル・フュ?チャリスト」「コンセプチュアル・アーティスト」「フューチャー・デザイン」等、さまざま。日本における活動1983年(昭和58年)には東京と大阪で「未来のカーデザイン展」、1985年(昭和60年)に東京で開催された個展、「テクノ・ファンタジー展」が大きなきっかけとなり、これ以降、ポスターアート、商業施設、テーマパーク、プロダクトデザインなどを数多く手掛け、同時に講談社から2冊目の画集『オブラゴン』(OBLAGON)を出版。1987年(昭和62年)以降、アジアの中でも特に日本は彼にとって重要なマーケットとなった。この年、同じく講談社から3冊目の画集『センチネル II』(SENTINEL II)を出版。テレビCMでは川崎製鉄の『鉄からさらに』で彼のイラストが多数起用。続くソニーの『HiTBiT』(シリーズ2種)ではアニメーションスタッフルームが企画とアニメーションを、アートミックと共に制作し、平面(アニメーションとイラスト)と立体(セット、ミニチュア、人物)を合成したユニークなビジュアルを展開し、話題となった。日本では、タイガ

都教委、都立高で近現代史特化の科目「江戸から東京へ」を導入へ(産経新聞)
野菜いっぱい!スザンヌ家の「だご汁」披露(読売新聞)
<子どもの貧困>研究者らシンポ 都内で31日(毎日新聞)
内服薬は1回量を記載=処方せんの書き方統一へ−伝達ミスを防止・厚労省(時事通信)
162点が銀座被害品と一致=香港で起訴の男ら、直後に出国−警視庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。