So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向−患者団体(時事通信)

 新潟水俣病4次訴訟の原告団は30日、新潟市のホテルで記者会見を開き、被告の国と原因企業「昭和電工」との間で、和解に向けた事前協議に入る意向を表明した。新潟地裁で2月4日に開かれる口頭弁論で、正式に申し入れるという。
 原告団長の山崎昭正さん(68)は「患者は高齢になっている。(既に和解協議に入った)熊本と一緒に早く解決を目指したい」と話した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「水俣病特別措置法」
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告、被告双方が上申書
水俣病、来年5月に救済開始を=環境副大臣

第三者組織の「目的と特性」「権能」など了承−薬害肝炎WG(医療介護CBニュース)
被告供述のTシャツから千葉大生のDNA型検出(読売新聞)
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
定昇維持巡り厳しい攻防…春闘スタート(読売新聞)
<発達障害者>「推進会議」に参加を…支援団体が要請(毎日新聞)

清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)

 岩手県一関市狐禅寺のごみ処理施設「一関清掃センター」に集められた資源ごみの中から、数十万円分の紙幣が見つかっていたことがわかった。

 一関署が持ち主を捜しているが、センター関係者は「こんなことは初めてだ」と驚いている。

 センターによると、紙幣は18日午後4時頃、作業員が資源ごみを手作業で選別している時に発見された。センターは同日、同署に拾得物を届け出た。

 同署は、「持ち主をかたる人が出てくる恐れがある」などとして、金額や発見当時の状況を明らかにしていない。

 センターは、一関市、平泉町からごみを回収している。問題の紙幣は14、15日のいずれかに、ごみと一緒に出されたとみられる。

山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知(産経新聞)
首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
アパート全焼 男性遺体発見 東大阪(産経新聞)
<神戸ポートタワー>改修工事進む 3月下旬にリニューアル(毎日新聞)

<静岡空港>ピンクの妖精飛来 FDA3号機がブラジルから到着(毎日新聞)

 静岡空港を拠点にするフジドリームエアラインズ(FDA、牧之原市)の3号機が25日、製造先のブラジルから到着した。アンケートなどで人気が高かったピンクの色をまとったボディーが、空港を訪れた搭乗客や見学者の目を引いていた。通関手続きや点検が順調に進めば、28日の熊本便から運航する予定だ。

【写真特集】羽田でみられる飛行機図鑑

 機体はブラジル・エンブラエル社製の「ERJ175」。ブラジルから日本まで約1万8000キロの距離があるが、この機の航続距離が約2950キロと短いため、21日からスペインやドバイなど7カ所を経由して到着したという。FDA1〜2号機の「ERJ170」より全長が1メートル78センチ長く、座席も8席多い仕様となっている。

 FDA3号機を空港の展望広場から眺めていた菊川市青葉台の会社員、尾崎行雄さん(61)は「空港が明るくなった感じがする」と話していた。【竹地広憲】

【関連ニュース】
【写真特集】羽田空港 Tokyo International Airport
【写真特集】成田空港 Narita International Airport
静岡空港:JAL福岡便、県が8000万円投入 搭乗率アップ、販売支援へ
静岡空港:JAL福岡便、「実績搭乗率」公表へ 県、これまで無料搭乗客反映

【新・関西笑談】探せ未来の虎戦士(4)阪神スカウト 田中秀太さん(産経新聞)
映画にあこがれて…駐輪場荒らし 容疑の16歳少年ら逮捕(産経新聞)
覚醒剤使用で元「光GENJI」赤坂晃容疑者を起訴 千葉地検(産経新聞)
安全への姿勢、変えないで=ジャンボ機事故遺族ら懸念−社長の慰霊登山など評価(時事通信)
今年のセンター試験、科目間の得点調整なし(読売新聞)

天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)

 衆院予算委員会は21日午後、2009年度第2次補正予算案に関する審議を続けた。平野博文官房長官は、外国要人との会見を含む天皇陛下の公的行為について「政府としての統一見解を出す」と表明した。自民党の谷垣禎一総裁への答弁。
 また、谷垣氏が日米中3カ国の関係をただしたのに対し、鳩山由紀夫首相は「必ずしも(三角形の)辺の長さが同じとは認識していない。日米同盟が基軸だ」と述べた。 

力と周到な根回し、辞任論封じ込めた小沢氏(読売新聞)
衆院代表質問 首相らの疑惑、論戦スタート(毎日新聞)
日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
財務省改革でチーム設置=4月までに具体策提言−菅財務相(時事通信)
菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席(産経新聞)

6434人の犠牲者追悼=遺族ら参列し神戸で式典−阪神大震災15年(時事通信)

 死者6434人、負傷者4万3792人(兵庫県発表)を出した1995年の阪神大震災から15年の17日、神戸市中央区の兵庫県公館を主会場に県など主催の「阪神・淡路大震災15周年追悼式典」が行われた。皇太子ご夫妻や鳩山由紀夫首相、遺族らが参列、犠牲者の冥福を祈った。
 式典には約450人が出席し、正午に全員で1分間の黙とうをささげた。
 皇太子さまは、震災から1カ月後に被災地を訪れたことに触れ、「困難を乗り越えようとする人々の姿が、今でも深く脳裏に刻み込まれています」とあいさつされた。
 鳩山首相は「自然災害に万全の備えをし、人の命を守ることは政治の大きな役割だ」と述べ、防災への決意を表明した。
 同市兵庫区の自宅が倒壊し、長男誠さん=当時(16)=を亡くした遺族代表の松浦潔さん(56)は「ごめんな。助けてやれなかったな」と誠さんに呼び掛けた後、「生き残った私たちに何ができるのか、共に助け合い、語り合い、涙して過ごしてきた15年だった。生き残った私たちもいずれ皆さんの所に行くが、その時に震災の日から命の限り一生懸命生きてきたと胸を張って言えるように一日一日を大切に生きていく」と誓った。
 この後、参列者が次々と献花台に花を供えた。式典の様子はインターネットで世界中に生中継された。 

<受験の危機管理>第1回 もし、受験票を忘れたら? 鉛筆は必ず持っていこう(毎日新聞)
「手を引いて…首を絞めて…」“自白”に追い込まれる菅家さん(産経新聞)
サイト利用料を架空請求=詐欺未遂容疑で15人逮捕−警視庁など(時事通信)
<陸山会土地取引>「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)

<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)

 警察庁は21日、今月8日から15日(休日除く)にかけ、首都圏の4警察本部が電車内の痴漢を集中的に取り締まり、全39件で33人を逮捕、6人を書類送検したと発表した。新学期が始まり、学生を狙う痴漢多発を予想し、1日あたり約120人の捜査員を動員。被害者は、15人の女子高生を含め20歳以下が約54%を占め、中学生も含まれていたという。

 警察庁によると、逮捕・書類送検された39人(少年含む)の容疑別内訳は、電車内での強制わいせつ2人▽電車内での条例違反(痴漢行為)30人▽同(盗撮など)1人▽駅構内での刑法犯・条例違反6人−−だった。

 被害が発生した路線別では、JR中央線と高崎線、東急東横線が各3件で最多。全国で初めて痴漢対策用車内防犯カメラの試験運用を始めたJR埼京線、地下鉄の東京メトロ東西線、京王井の頭線、小田急線が各2件で、残りの16路線が1件ずつだった。通勤・通学のラッシュの午前7〜9時台が24件と最多で、全体の約62%を占めた。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血
催涙スプレー:大手前大学で30人症状 学生数人がまく
児童買春容疑:護衛艦乗組員の海曹長逮捕 神奈川県警
千葉大生殺害:別の強盗傷害容疑などで無職の男を再逮捕

ロープウエーが宙づり=点検員2人取り残される−北海道(時事通信)
小沢氏聴取、できるだけ早くと首相(読売新聞)
海堂氏に名誉棄損で賠償命令(医療介護CBニュース)
鳩山首相、公邸にこもる=平野官房長官は逮捕直前に帰宅(時事通信)
<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)

小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は16日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で元秘書の石川知裕衆院議員が逮捕されたことについて「さまざまなことを考えねばならない状況に入った」と述べ、18日召集の通常国会で小沢、石川両氏の議員辞職勧告決議案の提出を検討する考えを示した。

 大島氏は「まず鳩山由紀夫首相が小沢氏に対し、国民に説明し政治責任を明らかにするよう指示する義務がある」と強調した。平成22年度予算案への対応には「政治責任、倫理責任を国民に説明する場を設けてから審議に入ることが国民の付託に応える道だ」と述べ、説明責任を果たすことが審議入りの前提になるとの認識を示した。

 公明党が昨年の臨時国会に提出し継続審議となっている、議員の会計責任者が政治資金収支報告書に虚偽記載した場合に議員本人の公民権を停止する政治資金規正法改正案について「まず政治の場で事実を解明し、その上で今の法案で問題があるなら(改正に)進めばいい」と述べた。都内で記者団の質問にこたえた。

【関連記事】
同行求められた大久保容疑者、無言で車に 規正法違反事件
中堅ゼネコン、小沢氏側に“資金提供” パー券購入も出席ゼロ
石川議員逮捕で勢いづく自民 「その先にある大きな闇の解明を」
鳩山政権、発足以来の危機 小沢氏の進退、首相の責任も
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者

オウム 新実被告の死刑確定へ(産経新聞)
列凍 那智の滝も凍る 近畿各地でこの冬一番の冷え込み(産経新聞)
砂川市有地を神社敷地に提供、最高裁が違憲判断(読売新聞)
SNA機が羽田に緊急着陸、車輪にトラブル(読売新聞)
松木、樋高両衆院議員が石川容疑者の元秘書告訴を表明(産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。