So-net無料ブログ作成

<長妻厚労相>「子ども手当満額困難」(毎日新聞)

 長妻昭厚生労働相は8日夜の再任会見で、11年度から中学生以下の子ども1人につき月額2万6000円を支給するとした衆院選マニフェスト(政権公約)の実現について「現金、現物を問わず非常に難しい」と述べ、満額支給は事実上困難との見通しを示した。半額とした10年度の給付(月額1万3000円)を倍増するのに必要な3.1兆円の財源にめどが立たないためで、政府内には現金給付ほど財源のかからない保育サービスなどの「現物給付」を増やし、全体の所要額を抑える案が浮上している。

 子ども手当に関しては、10年度の支給に要した2.3兆円の確保にさえ四苦八苦した経緯がある。このため菅直人首相は財務相だった1日、追加に必要な経費を現物給付にシフトする考えを示唆したほか、民主党の玄葉光一郎政調会長も7日の就任会見で、満額支給には慎重な姿勢を示していた。

 同党は参院選マニフェストには、「2万6000円」を明記しない方向だ。

【関連ニュース】
口蹄疫:雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相
事業仕分け:厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言
子ども手当:「満額」に異論噴出 黙り込んだ長妻厚労相
B型肝炎訴訟:長妻厚労相が原告団と面談 被害実態聞く
子ども手当:「減額」初めて言及 長妻厚労相

連続強盗強姦、被害女性が別室からビデオリンク陳述(産経新聞)
<診療報酬詐欺>山本元理事長に2審も実刑判決 大阪高裁(毎日新聞)
通天閣も「サムライブルー」(産経新聞)
発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)
「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)

厚労省幹部「これでは国民の支持得られない」(産経新聞)

 厚生労働省内には民主党政権に期待を寄せる若手職員も多くいた。その1人は「鳩山首相は言葉も政策も軽かった。政策でも後期高齢者医療制度や障害者自立支援法の廃止など前政権を否定することばかり考えていた。期待を裏切られた」と憤る。

 また、ある幹部は「『弱者に優しい政治』と言っていたが、お金に困ったことのない人に庶民の苦しみは分からない。厚労委員会でもほとんど姿を見かけなかったし、これでは国民の支持は得られないよ」と切り捨てた。

 民主党の重要政策の一つである子ども手当が前日にスタートした直後の退陣劇に「今辞めないと子供の教育上良くないでしょう」と痛烈に皮肉る職員もいた。

【関連記事】
次の首相は…「いません、残念ながら」 街の声@銀座
次の首相は…「誰がなってもまた投げ出す」 街の声@新宿・渋谷
「説明足りぬ」「当然だ」 首相辞任で翻弄される民主の参院候補者
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」
文科省、首相辞任に「誰が大臣になっても変わらない」
「はやぶさ」帰還へ

<なるほドリ>次の首相はどう決まるの?(毎日新聞)
民主国対委員長に樽床氏(時事通信)
今、鯨岡兵輔という政治家がいたなら…(産経新聞)
「菅首相」午後誕生へ=新内閣、今夜にも発足―幹事長に仙谷、岡田氏浮上(時事通信)
シンドラー製でロープ破断=エレベーター5000台を緊急点検―国交省(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。